株式会社トラストファーマシー

「ありがとう薬局」×「まごころ介護」

先輩たちの声

ホーム > 先輩たちの声 > 松本佳代
薬剤師 松本佳代
くみ調剤薬局
Q1.現在の仕事内容を具体的に教えてください。
大学病院前にある薬局にて管理栄養士として勤務しております。主な仕事は医療事務として受付・処方入力をしています。管理栄養士としては、待ち時間を利用して、健康食品の相談や薬によって制限されている栄養成分についてなど簡単にお答えできる栄養相談や、病態にそってお答えするしっかりと時間をとっておこなう栄養相談をしています。管理栄養士がいることが分かるように、健康食品についてポップ作りもしています。
また、医療事務リーダーとして地域の地域包括支援センターや訪問看護ステーション、在宅診療所などに挨拶に行き、地域連携の輪を広げています。 調剤薬局の管理栄養士として、患者様が「また来たい!処方箋がなくても足を運びたい!」と思って頂ける薬局になるための心地よい空間づくりをしています。
Q2.トラストファーマシーに入社を決めた理由を教えてください。
人と人のつながりを大切にしている当社の「幸せ=健康」という理念に共感し、管理栄養士としての栄養相談業務だけではなく、医療事務や様々な業務に携わることでコミュニケーション力や知識のスキルアップを目指したいと思い、入社を決めました。そして、病院より近い存在の調剤薬局で、より良く、より近い環境で患者様や地域の方々の健康や質の良い生活を素敵な先輩方と一緒に支援して行きたく思ったことが決め手でした。
Q3.仕事をしていてやりがいを感じる瞬間はどんな時ですか。
患者様に笑顔で「ありがとう」と言って頂けたとき、名前を覚えて頂けたとき、「あなたに会いにきたの」と言って頂けたときです。「対応が良いと聞いて来たの」と数ある薬局の中から選んで頂けたときです。
Q4.自分が成長したと感じることはどんな時ですか。
患者様の顔を見てすぐに名前と前にお話しした内容をすぐに思い出せたときや、周りを見て動けるようになったときです。
Q5.今後の目標があれば教えて下さい
コレステロールや血圧、糖尿の薬を飲んでいる方、これから薬を飲み始めるかもしれない方に積極的に声をかけて食事を改善することで、薬を減らす手助けをしたいです。
また、「松本さんに相談したい」と選んで頂けるよな、地域の方々に愛される薬局の管理栄養士を目指したいです。
Q6.最後に学生の皆さんへ一言お願いします。
管理栄養士が薬局にいることを知らない方や何をしているのか知らない方も多いと思います。少しでも調剤薬局の管理栄養士に興味をもったら、実際に働いている人に話を聞いてみることが一番良いと思います。
管理栄養士で医療事務をやることに不安もあると思いますが、先輩方が優しく教えてくれるので、パソコンが苦手だった私でもできるようになったので安心して下さい。