株式会社トラストファーマシー

「ありがとう薬局」×「まごころ介護」

先輩たちの声

ホーム > 先輩たちの声 > 大坪 香奈枝
薬局長・薬剤師 大坪 香奈枝
芝新町調剤薬局
Q1.現在の仕事内容を具体的に教えてください。
調剤、鑑査、服薬指導はもちろん、在庫管理、在宅など、店舗業全般行っております。
薬局長として、予算や営業データのとりまとめ、採用薬の検討、門前医師とのすり合わせ。地域包括会議に出席したり、気になる点のある患者様のケアマネージャーへ連絡をとったり、対外業務も行っています。
Q2.トラストファーマシーに入社を決めた理由を教えてください。
規模的にも、雰囲気的にも、やりがいを強く感じられる会社だと思えたからです。
他の仕事をしてから調剤の世界に入りましたが、調剤・鑑査・服薬指導だけではどの会社もそこまで差はないと思います。
他の職種を経験すると、医療の世界はとても特殊だと感じられます。この特殊さは患者様との感覚の違いの原因にもなります。医療人の殻にこもらず、どれだけ普通の社会人やサービス業の考え方も取り入れて仕事を行っていけるか。マニュアルありきではなく、根本の精神を肌で感じながら仕事を行える環境が自分には合っていると思いました。
Q3.仕事をしていてやりがいを感じる瞬間はどんな時ですか。
患者様にとって、薬をもらうだけの存在から人と人の関係に移れていると感じる時です。
こちらが患者様を個として認識している事に患者様がハッと気づく瞬間があります。「覚えててくれてるんですね!」と嬉しそうにしてくださるとこちらも嬉しくなります。
これを境に、次の服薬指導からは会話の始まりが、他人行儀でなく、少し心の距離の縮まったものになります。
Q4.自分が成長したと感じることはどんな時ですか。
患者様が頼りにしてくださった時です。
他でもらっている薬についての相談や、ご家族の介護の悩みなど、今回の薬以外についての話になるほど、患者様は心を開いて頼りにしてくださっている。雑談と言ってしまえばそこまでですが、関係ないと患者様が思い込んで話さないでいる事柄ほど見落とされている情報で、誰でも収集できるものではありません。併用薬の追加把握や訪問薬剤の情報提供などに繋がりますから、これまで誰も得られなかった重要情報を追加で把握した時などには、自分の手柄のような気がして嬉しくなります。
Q5.今後の目標があれば教えて下さい
本当の意味でのかかりつけ薬剤師として患者様に認識される事。
それに見合うだけの知識を身につける事。
人々にとって薬剤師がもっと意義のある、必要不可欠な存在になるように、ゆっくりでも精進していきたいです。でも仕事一辺倒ではなく、子供をもって、子育てや家庭と仕事の両立も実現していきたいです。
Q6.最後に学生の皆さんへ一言お願いします。
どんな会社に入っても、どんな職務でも、自分のあり方次第でいくらでも変わります。
自分を「薬剤師」の枠の中に押し込めないで、広い視野で見てみてください。
百聞は一見にしかず、悩んだら、患者として、顧客として店舗を見に行ってみるのもおすすめです。